計量器

計量器の各メーカーを紹介します。

 

販売
 

海上における人命の安全のための国際条約で、船舶の安全性

確保のための規則を定める多国間条約の名称です。

SOLAS条約改正に伴う輸出コンテナ総重量証明の義務化

SOLAS条約(海上人命安全条約)附属書第6章の改正により、 荷送人に対して船積み前のコンテナ総重量計量・申告が義務付けられることとなりました。2016年7月以降に国際輸送を行うコンテナに付きましては、条約において定められた方法にて計量・証明されたコンテナ総重量を、船積み前に船長又は代理人等に提供する必要があります。

検査・修理
 

定期検査・代行検査についてご相談をお受けします

条約において定められた方法とは
方法1.
校正・証明済み装置を用い、実入りコンテナの重量を計量
主な使用計量器 トラックスケール
方法2.
バン詰めした国が承認された方法を用い、コンテナの自重・貨物・パレット等の重量を個別に計量して足し合わせ
主な使用計量器 台はかり、クレーンスケール
カスタマイズ
 

カスタマイズのご相談をお受けします。

コンサルティング

計量器の選択、計量メーカーの決定、検査修理や保守についてどうしたら良いか、貴社の特別な使い方に対応するカスタマイズとご要望に応じて

ヒアリングをしご提案いたします。

業務の効率化による経費節減のお手伝いもいたします。

写真をクリックするとメーカーのページで詳細をご覧いただけます

椅子型体重計 楽座
 

 

体重計といっても、家庭用は取引に使用できる検定に合格していませんが、この体重計は特定計量器として承認され、国家検定に合格しています。

この座椅子で計量した体重をカルテに記載することができます。

訪問介護で威力を発揮します。